歯の定期健診

歯医者を受診するのは、「冷たい物や熱い物がしみる時」「詰め物や被せ物がとれた時」「歯が痛む時」という方が多いのではないでしょうか?確かに、歯の削る音や痛みが苦手な方にとって、歯医者に苦痛のイメージを強く持つのかもしれません。けれど、そういう方にこそお勧めなのが、痛みや違和感を感じる前の歯医者の定期健診だそうです。自覚症状が全くないくらい、初期の虫歯であれば痛みもほとんどない治療で完治することも多く、治療費の負担も結果的に少なく済むことが多いようです。
虫歯がなくても、歯医者で歯石を取ってもらうことで、口臭予防や虫歯予防をすることができます。定期的なフッ素塗布も虫歯予防になるようです。また、普段自分では歯磨きが出来ていると思っていても、磨き残しになっている部分を歯医者でチェックしてもらうこともできます。歯垢が残っている部分が着色される薬剤などを仕様してブラッシングの指導をしてくれる歯医者もあるそうです。
子どもの場合には、歯並びのチェックにもなります。学校でも定期的な歯科検診がありますが、特に乳歯は虫歯の進行も早いため、3ヶ月に1度程定期健診に通うのが望ましいそうです。歯医者によっては、前回の治療や健診後3ヶ月程度で「定期健診に来られませんか?」というハガキやメールを送付するサービスを行っているところも少なくありません。生涯にわたって自分の歯で食事をすることは、健康の維持にも大きな影響を与えられると言われており、自治体によっては無料の歯科検診を乳幼児や高齢者に定期的に行っているところもあるようです。