歯医医院で歯石取り

どんなに丁寧に歯を磨いていても、細菌の塊であるプラークが唾液の中のカルシウムなどのミネラル成分と結びつき、歯の周りに石のように付き硬くなってしまいます。これを「歯石」と言いますが、この歯石自体が虫歯や歯周病の直接の原因になるわけではないそうです。では、なぜ歯医者に行くと歯石予防をすすめられるのでしょう。
この歯石には小さな穴が空いていて(軽石のイメージ)、そこの細菌が繁殖することで、歯周病や虫歯、口臭の原因になってしまうそうです。一度歯石が出来てしまうと、歯石の中の細菌を歯磨きで落とすことができなくなるため、定期的に歯科医院で除去してもらう必要があります。そのため虫歯の治療の仕上げに、歯石除去を行ってくれる歯医者もあります。
歯科医院では虫歯や歯周病のチェックも兼ねて、3ヶ月に1度定期健診をし、その時に歯石をとることを勧めている歯医者が多いようです。少量で柔らかい歯石であれば痛みも出血も少なめに除去することができるそうです。歯茎の中の方に血液を含んでできてしまった、黒く硬い歯石になると、除去する際の出血や痛みも増え、歯周ポケットの深い部分の歯石を取るために、歯茎を切開して外科的な処置で歯石の除去を行うこともあるそうです。
歯石を放置してしまうと、歯周病が進んでしまい歯の周りの骨が溶け、歯石を取った時に知覚過敏になったり、歯がグラグラと揺れてしまうこともあるそうです。知覚過敏の場合には、唾液中のミネラルが歯の表面を固くするのを丁寧にブラッシングしながら待つほか、フッ素を塗布したり知覚過敏用の歯磨き粉を利用すると良いそうです。