歯科助手とは

歯科医院には、歯科医と歯科衛生士、歯科助手がいます。規模の大きな医院であれば歯科技工士が常勤である場合もあります。患者から見ると歯科衛生士と歯科助手の違いはあまり分からないかもしれませんが、国家資格である歯科衛生士が歯石を取ったり、歯磨き指導など、患者の歯に直接触ることができるのに対し、歯科助手は触れることはできません。
歯科助手になるためには資格は必要ではありませんが、手順や専門用語の勉強、受付事務などを学んで認定を受ける民間の資格はいくつかあり、取得することで就職しやすくなることもあるようです。仕事は歯医者の受付で初診の方にはカルテを作成したり、予約の管理や歯科医師や歯科衛生士のサポートや、診療報酬を計算する医療事務など多岐に渡ります。歯科医師や歯科衛生士と上手に連携をとり、診療がスムーズに流れるようサポートすることが歯科助手の仕事になります。
色々なことによく気がまわり、人とコミュニケーションをとることが好きな方に向いている職業だと言えるでしょう。歯医者は基本的には予約制のところが多く、残業の少ない職場でもあるため、働ける時間が限られている子育て中の女性でも働きやすいそうです。資格が必ずしも要る職業ではないため、無資格でも参入しやすい職業だと言えますが、他の職場で働いた経験があり、歯科の専門用語や仕事の流れについて知識がある人の方が採用されやすいようです。また、自宅に持ち帰ってする仕事でもないため、一旦職場を出ると完全に仕事とは離れ、仕事とプライベートをキッチリと分けられ、個人の歯科医院は全国に点在しているため、自宅から近い職場を選びやすいというメリットがあるそうです。